雪中梅、鮎正宗、米百俵、吟田川、越後美人、かたふね、越乃雪月花、岩の原ワイン等の新潟の地酒販売店
取り扱い新潟の地酒銘柄
雪中梅(丸山酒造場)
 
┣普通酒
 ┗本醸造
金鶴(加藤酒造店)
 ┣大吟醸酒
 吟醸酒

 ┣風和(純米酒)
 ┣拓(純米酒)
 ┗本醸造 etc

米百俵(栃倉酒造)
 ┣純米大吟醸
 ┣純米吟醸
 ┗本醸造 etc
鮎正宗(鮎正宗酒造)
 ┣特別純米酒
 ┣特別本醸造
 ┗ふるさとの酒 etc
吟田川(代々菊酒造)
 ┣特別純米酒
 ┣特別本醸造
千代の光(千代の光酒造
 ┣地上の星・本醸造
 ┣天福・特別本醸造
 ┗もち純米
越後美人(上越酒造)

 ┣大吟醸
 ┣純米吟醸
 ┗本醸造 etc
越乃雪月花(妙高酒造)
 ┣純米大吟醸
 ┗本醸造 etc
潟舟(竹田酒造)
 ┣大吟醸『雪舟』
 ┣純米吟醸
 ┗特別本醸造 etc
萬寿鏡(マスカガミ酒造)
 ┣かめのぞき
 ┣純米吟醸じぶんどき
 ┗吟醸じぶんどき etc
スキー正宗(武蔵野酒造)
 ┣入魂 特別本醸造
 ┗ぶなの露 特別純米酒
■越乃白雁(中川酒造)
 ┣特撰大吟醸
 ┣純米大吟醸越淡麗
 ┗本醸造 etc
新潟県産本格米焼酎

 ┣輪月(鮎正宗酒造)
 ┣雪蛍のさと(千代の光)
 ┣こしひかり(美峰酒造)
 ┣さあ°(北雪酒造)
 ┗酔峯(高野酒造)

■新潟県産ワイン
 ┣岩の原ワイン
 ┗岩の原スパークリング
■輸入ワイン
 ┗イタリアワイン

■日本酒で漬けた梅酒
 ┣米百俵梅酒(栃倉酒造)
 ┣梅ほの香(武蔵野酒造)
 ┗萬寿鏡梅酒(マスカガミ)

■当店自慢の醤油
 ┣越のむらさき(醤油) 
 ┗味(だし醤油) etc
■越後みそ
 ┣あおきみそ
 ┗国産みそ漬



   日本酒を楽しむ会

   店主の酒蔵巡り

  立原酒店店舗ご案内

    店主のブログ

      リンク集

   通信販売法の表記

     注文方法
 
     トップページへ

   当店営業予定
   ■はお休みです。
3月の予定
1 2 3
4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
4月の予定
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
    店頭営業時間
 平日 7:30〜21:00
日曜・祭日8:30〜20:00
 ※基本的に無休ですが
  まれにお休みさせて
 いただく場合があります。
       

※当店は未成年者への
お酒の販売は致しません。


        

こだわりの食品


老舗 たなべのかりん糖
新潟県加茂市

新潟県加茂市の老舗 田辺菓子舗の手づくりかりん糖。
普通のかりん糖は白砂糖を焦がしつけるのが一般的です。
それは黒砂糖がとても高価だからです。
しかし、たなべのかりんとうは贅沢に黒砂糖をたっぷりと使い、
一切焦がすことなく自然の茶色に仕上げました。
材料はすべて無添加、無着色。また油にもこだわり、
精製しない搾りたてのなたね油を使用しております
なんと!1本の長さが10p!!食べ応え満点です。
食感はクッキーのようなしっとり感があります。
コーヒー、紅茶、お茶、ミルク、お酒と何にでも合います。
レトロなパッケージでちょっとした贈り物にも大変喜ばれます。



新潟 人気のかりんとう 手づくり たなべのかりん糖

10p級が10本入り!!
幸せのひと時に、手づくりたなべのかりんとう。
奥深い味わいをお楽しみください。

原材料名 : 小麦粉・砂糖・水飴
         黒糖・植物油・膨張剤

1袋(10本入)  378円(税込)  数量




雪国越後十日町 元祖からむし本舗
からむし麺

新潟 名産 からむし麺

越後の戦国大名『上杉謙信』が越後国の莫大な財源として
利用した「からむし」。繊維質が豊富で茎の部分で
衣類や紙などが作られ、若葉は食品として加工されています。
からむし麺はからむしの若葉を手で一枚々丁寧に取って
粉末にしたものを練り込みました。 
 「からむし粉末(パウダー)」は、ミネラル分が豊富で、
特に「カルシウム」は、ほうれんそうの57倍です。
からむしは、新潟県十日町市の雪深い山間地で
自然のまま育ち農薬は一切使用されていません。
生産期間は、毎年6月初旬から8月下旬までの約2ヶ月間だけ。
1日約100sの「からむし生葉」からお茶は約10sしか
生産できないという貴重なものです。

からむし麺(うどん)

ほのかに香る若葉の香りが爽やかで、とても清楚な印象です。
もっちり感と歯切れの良さ、ツルツルとしてとてものどごしが良く、
ざるにしても、掛けにしても抜群に美味しい逸品です。

小麦麺なのでオーソドックスな和風は勿論、イタリアンなどといった
色々なバージョンでも楽しめます。
アレンジ料理もお試しいただきまして味わっていただきたいと
思います。

※ざるの場合は、麺を茹でている途中で、冷水でお好みの硬さを
確認しながら、ざるあげされることをおすすめ致します。

原材料名 : 小麦粉・からむし粉・食塩・加工澱粉
内容量 : 200g

200g  378円(税込)  数量




鮎正宗酒造

新潟県妙高山麓産コシヒカリ玄米使用の甘酒です。
甘酒は昔より夏の季語になっています。
とても栄養価に優れた食品なので、
夏に呑むのが良いものとされていました。
まさに今でいう栄養ドリンク剤なのです。

玄米甘酒は、多糖類・アミノ酸・食物繊維質・ミネラル分・豊富な
ビタミンB1・B2等を効率よく摂ることができます。
優れた栄養バランスをもち手軽に飲める玄米食であり、
デザートや代用食に用いたりもできます。

新潟 玄米の甘酒 玄気の舞 お召し上がり方
そのまま冷やしてもよし、温めてもお召し上がり
いただけます。
玄米甘酒とプレーンヨーグルトの合わせ技(応用例)
玄米でできた麹菌とヨーグルト菌の効果を併せ持つ
素晴らしい食べ物です。
この組み合わせ方法で食べると、小腸の中の腸内細菌
が元気になり、体内の栄養素製造工場としての腸の働き
を強化する効果もあるようです。


原材料 玄米、玄米麹
アルコール分 含まれておりません
糖類、保存料無添加

品切れ中

720ml 1,080円(税込)  数量




あおき味噌


創業 昭和26年  中頚城郡三和村法花寺376

2011年全国味噌鑑評会で農林水産大臣賞を受賞(日本一)


上越地方のお味噌の特徴を生かした老舗の蔵元です。
創業は昭和26年、現社長(80歳)が初代です。
社長と共にご子息が専務として伝統の味噌作りを行っております。
お味噌といっても地域や家庭によって好みはさまざま。
上越地方のお味噌は”浮きこうじみそ”といってこうじの粒が大きく
浮いているように見えるのが特徴です。
あおき味噌さんでは、こうじをつぶさないようにする為、
できるだけ機械を使わず手作業でこうじ造りを行います。
またもう一つの特徴が「甘露煮作り」といって良質大豆を
無圧式でトロ火に4時間かけて煮上げ、更にその煮汁に2時間浸す事により
大豆の旨味を引き出し、地元の越後米をたっぷりと加え、
長期熟成をする古式家伝醸法で旨さを追及しています。
幾年もの歳月を遂げた杉の木桶で熟成させた本物の手造り無添加味噌は
飽きることなく我が家の味をつくってくれています。


 

毎日の食卓を彩りお味噌


あおき味噌 特醸 パック詰め 日本一の味噌

あおき味噌特醸
(パック詰)


1Kg   540円(税込)  数量

※ご贈答用に箱詰もご用意できます。




味噌漬け


あおき味噌 味噌漬け
味噌漬甘口

このみそ漬けがまた旨い!!
国産野菜(大根、胡瓜)を使った甘口タイプ。
サクサクの食感が最高で、この甘じょっぱさは
お酒やご飯にとてもよく合う感動ものです。
細かく刻んでおにぎりの具としても最適ですよ。
昔の人はよく言ったものでご飯とお漬物があれば
他におかずはいらないね・・・と  
この味噌漬けがあれば、おかずはいりませんよー。



270g  648円(税込)  数量



 越のむらさき

越のむらさき

創業天保2年、長岡藩時代にはじまったセッタヤの
醤油造りは由来160年間にわたり、より高品質な商品を追求し
老舗としての誇りを頑なに守り続けてきました。
地元では、近年、”まぼろし”の醤油と呼ぶ人もでている、人気
のある蔵です。全国醤油品評会においては、食料庁長官賞も何度かとり、
平成5年には、白王(はくおう)が最優秀の農林水産大臣賞を獲得しました。
素材にこだわった、選ばれた醤油、味噌をお試しください。

越乃むらさき1.8l越乃むらさき1L
越のむらさき


発売以来30余年。口コミでリピーターが広がり
全国からご注文戴いております。
国内産の最高級のかつお節を煮出して造った極上
の逸品です。
かけ醤油としてその美味しさがよくわかりますが、
他に煮物、つゆ類、刺身、寿司等と、万能調味料として
好評です。色はうすめで、塩分もうすめ(15%)です。

1.8L  864円(税込)  数量
1L    540円(税込)  数量



新潟 越のむらさき 味 醤油
味


鰹節、椎茸、昆布と三つのだしが入った“欲張った
濃厚調味料です。
煮物に使うととても美味しく仕上がりますが、
つゆ類、鍋物、又かけ醤油としても良く合い
手軽な調味料として最近急速に伸びております。
低塩(約12%)で保存料は使用しておりません。

 
1L  702円(税込)  数量



越のむらさき 野菜漬け

素材の持ち味を生かした、美味しい浅漬けが簡単にできます。
醤油の香りと天然かつおだしの旨味がバランスよくプラスして
美味しい味をつくりだします。



300ml  390円(税込)  数量




醤油のできるまで

■工程@
コンベアーで運ばれてきた蒸した大豆と引き割られた
小麦を「盛り込み」という台の上に均一に広げます。
このとき種麹と混ぜ合わせます。

■工程A
つぎは「手入れ作業」です。
現在は機械で均一に発酵するようにかき混ぜながら行います。
これが「手入れ」の原料(丸大豆と引き割りした小麦が混じっている
状態)です。
ここで大切なことは表面だけでなく中の方まで麹菌が食い込むように
繁殖させることで最も大切な部分です。
この原料は42時間でこうじになります。

■工程B
出来た「出こうじ」はエアシューターで仕込蔵に送られます。
その後塩水と混ぜられてタンクの中に入れられます。
通常熟成期間は1年ですが、その間「櫂入れ」という作業を繰り返します。
表面だけ麹菌の繁殖が進むのを防ぐとともに雑菌の繁殖を防止し全体が
まんべんなく発酵するようにします。
通常は1回の工程で大豆1トン、小麦1トンを混ぜ合わせ高さ25p
ほどに盛り込みをします。
これが「手入れ」の原料(丸大豆と引き割りした小麦が混じっている状態)です。
ここで大切なことは表面だけでなく中の方まで麹菌が食い込むように
繁殖させることで最も大切な部分です。
この原料は42時間でこうじになります。

■工程C

つぎは「しぼり(槽かけ)」作業です。
もろみを麻でできた布にいれてたたんでいき、何段にも積み重ねます。
それを上から油圧プレスで押すことによりしょうゆが絞り出されます。
この状態ではまだ製品にはなりません。
次の工程は「火入れ」といって加熱をし、色・香・味を整えます。
しょうゆは火入れをすることによって火香がつき香の深みを増します。
通常火入れ温度は濃口しょうゆで85度、薄口しょうゆで83度です。
一気にそこまで加熱したら、今度は一気に冷まして熱による変質を防ぎます。

■工程D

火入れしたしょうゆは、たるの中で静かに寝かせておくことにより、
もろみかす(おり)を下のほうに沈殿させます。
この工程を「おり下げ」といいます。
ここで製品になる上のほうのしょうゆを出します。
いよいよ最終段階の工程に入ります。瓶詰めをする前に、
多段式濾過器をつかって濾過します。
その濾過器を通ったしょうゆは、ひびや傷の確認をされた瓶に
詰められ打栓されます。

美味しいお醤油を造る為には是だけの努力が必要なのですね。






copyright(c)立原酒店 All rights reserved.